■トランクケース、キャリーバッグのサイズ選び方、目安

・初めて買われる方や、買い替えをされる方にDith(ディス)キャリーバッグ「(トランクケース)の選び方のポイントをご紹介。旅行やビジネスにご使用される機会が増えてきたキャリーバッグ。
初めて購入される方、買い替えをされる方がDith(ディス)キャリーバッグ、トランクケースを安心してお選び頂けるよう、選ぶポイントをご紹介。買ってから「失敗した」という事がないよう、泊数目安の大きさやデザインについてもご提案致します。

〈サイズ選びについて

■一般的な泊数のサイズ目安

・1日~3日(1泊、2泊、3泊)→30ℓ

・3日~4日(3泊、4泊)  →40ℓ

・4日~7日(5泊、6泊、7泊)→65

・5日~10日(5泊~10泊) →90ℓ

・7日~14日(7泊~14泊) →100ℓ

よく言われているのが使用日数×10ℓといわれています。

例:1泊2日の場合 2×10=20ℓ
  3泊4日の場合 4×10=40ℓ


個人の荷物量により異なりますので目安として参考にしてください。
大きい物は荷物が入り便利ですが、身長、体格にあわず持ち運びしにくくなるケースや季節により衣料品のが場も変わるのでご注意下さい。

Dithトランクケース
キャリーバッグの収納イメージ、参考

■PALERMO,DENIM TRUNK
・Sサイズ 34ℓ(1泊~3泊目安)
・Mサイズ 45ℓ(3泊~5泊目安)

■LETHER TRUNK CARRY
・Sサイズ 34ℓ(1泊~3泊目安)
・Mサイズ 45ℓ(3泊~5泊目安)

サイズの特徴

 

準備中

SサイズのオススメPOINT

■機内持ち込みが可能。
LCCの普及により機内持ち込み対応サイズの需要が高まってきました。
※LCCの場合、荷物を預けるのに費用が発生する為。国内旅行でも飛行機を使う方が年々増加しており、便利なのが機内対応サイズのキャリーバッグ(トランクケース)
※航空会社により規定は異なります。

機内持ち込みサイズについてはコチラ


■機内持ち込みのメリット
1.壊れにくい
飛行機にのる際、機内持ち込みサイズ以外でしたら預ける事になります。空港では場所により扱いが乱暴ですので破損されてかえってくるケースが多いようです。機内に持ち込めばその心配がありません。

2.旅行を快適に
荷物の預けがない分、ターンテーブルで荷物がでてくるのを待つ時間がなくなり、旅行を快適にする事ができます。

3.受託荷物料金が不要
一部の航空会社では荷物のお預けに別途受託荷物手荷物料金が発生します。機内に持ち込めは料金がかからずお安く済みます。

■荷物のお預けが便利
都心部への旅行の際、コインロッカーにキャリーバッグ(トランクケース)をお預けになる方も多いのでは。

■主なコインロッカーの大きさ
小型 :縦25.7×横35.5×奥行き57.5     縦31.7×横355×奥行き57.5
中型 :縦55.0×横35.5×奥行き57.5
大型 :縦88.0×横35.5×奥行き57.5
超大型:縦115.3×横35.5×奥行き57.5

駅コインロッカー検索サイトはコチラ

Mサイズのオススメポイント

 

■需要が多いのはMサイズ
オールシーズン使いやすいサイズ感。
旅行先でショッピングを楽しんだり、お土産で増えてしまった荷物も収まりやすくなります。
また、旅先のシーンにあわせて靴を持っていく型にも便利です。
1泊~の旅行にもお使いいただける見た目+大きさなので初めてキャリーバッグ(トランクケース)を購入される方はMサイズがオススメです。

各サイズの 購入者様について

Dith/ディス キャリーバッグをご購入頂きましたお客様にアンケートを実地。
※対象者 Dith公式通販サイトでご購入頂いたお客様100名が対象(サイズ別)

・1泊の場合
Sサイズ85人 Mサイズ15人

・2泊の場合
Sサイズ44人 Mサイズ56人

・3泊の場合
Sサイズ19人 Mサイズ81人

・4泊の場合
Sサイズ5人 Mサイズ95人

・5泊の場合
Sサイズ2人 Mサイズ98人

■2泊以上の旅行になると使いまわしがきくMサイズのトランクケースが人気です、
旅行の泊数に対しどちらの大きさ(サイズ)のキャリーバッグをお選びいただいているか参考にして下さい。